女性用媚薬の副作用について

多くの女性は加齢のせいで、性欲欠乏、冷え症、性不感症、セックスレスなど症状が出て、、女性性欲対策として、最近は女性用媚薬が以前より流行して、購入する女性が増えています。しかし、どんな媚薬でも副作用の出る可能性はあります。日本製だろうと漢方であろうと可能性はゼロではありません。これは媚薬に限らず医薬品であれば副作用を起こす可能性は必ずあるものです。また、個人差がありますので、人の体に影響する程度も症状も違ってきます。

女性用媚薬には主に血行を促進する成分や、中枢神経を刺戟するカフェインなどの成分が配合されていることが多いのが特徴的です。いずれも心臓に負担がかかってしま う可能性がありますので、血圧の高い方や肝機能に問題がある女性に使うことは避けてください。

上記の媚薬の副作用はただ臨床試験による統計されたデーターです。実は、媚薬を使用しているお客様の評価から見れば、漢方媚薬の副作用はほかの媚薬よりずいぶん低いです。だから、媚薬を利用する時、漢方媚薬の効果はもっと信頼できるとお客様が信じています。なのに、媚薬の効果を追う時、媚薬の用法・用量を守って服用すれば殆ど問題ありません。

また、媚薬というカテゴリ上、安全なものと危険なものの区別がわかりにくく市場に出回っています。偽物も多く出回っており、その中には合法麻薬のような成分的にスレスレのものが売られている場合も。このような粗悪品は、法律が改正されて単純所持で使わないで持っているだけでも違法になる場合があるのにくわえ、使った場合の副作用も大変危険ですから、絶対に買わないように注意が必要です。