媚薬の種類と効果|正規品媚薬の選び方について

最近は女性用媚薬が以前より流行して、購入する女性が増えています。直接薬局に行って媚薬を購入すればいいだけど、恥ずかしくて行かなくなりました。たくさん人がインターネットで注文することを選びます。
以前から、麻酔剤は媚薬分類中の一つです。しかし、この麻酔剤媚薬は法に違反することで使用も危険です。今は、世界医療の進歩、医療施設の改善、もっと安全な媚薬に研究されました。正規品媚薬と言うのは、媚薬の成分性行為する時気持ちよくなれる刺激剤です。或は、惚れさせる媚薬催情剤のことです。
多くの女性は加齢のせいで、性欲欠乏、冷え症、性不感症、セックスレスなど症状が出て、エストロゲンが減少するとなります。女性にとって、加齢の原因で体内の臓器、器官などが緩やかに衰退して、体質が低下していきます。そして、更年期障害、生理不順、家庭や育児のストレスなど原因を加えて、女性のエストロゲンの減少も仕方ないことになります。ですから、女性性欲対策と言えば栄養を補充することが大切なことです。媚薬
エストロゲンを増加する方法は二つがあります。
1.媚薬、催情剤など健康食品を利用してエストロゲンを増加します。
2.日常生活から悪い癖をやめて飲食バランスを維持します。
媚薬を選ぶとき、自分の症状または目的に合わせて購入するというのが非常に重要になります。濡れにくいか、それともセックスに反応鈍いですか、自分の症状をよく知り、目的を把握してから購入しましょう。
大人気の商品を選べたほうかいいです。初めて媚薬を使っている人にとって、人気ものを選ぶのは一般的な方法です。使用しない商品なら、副作用などが出るかもしれませんが、人気ものなら安全性が高いというメリットがあります。使って人がたくさんいますから、ちょっと安心できます。
成分をよく了解することも重要です。たとえば、自分はあるものにアレルギー反応があります。今服用している薬と併用したら、副作用があります。

これから、媚薬の種類と効果を紹介します。
媚薬には大きく3つのタイプに分類されます。塗る(クリーム・ジェル)タイプ、飲む(液体・カプセル)タイプ、嗅ぐ(香水)タイプの3種類です。
・塗る(クリーム・ジェル)タイプ
塗る(クリーム・ジェル)タイプの媚薬は、基本的に女性の性器や乳首に塗る媚薬になります。塗るタイプの媚薬のほとんどは、全身に使用しても問題ないものが多いのですが、少し刺激の強いクリームの場合は、口に含んではいけない成分が含まれている事もあり、そういったものには注意が必要です。不感症に悩む女性や、性行為の度に痛みを感じてしまう方にはオススメの媚薬です。
・飲む(液体・カプセル)タイプ
「飲むタイプ」の媚薬にも大きく分けて、飲み物に混ぜる「ドリンクタイプ(液体タイプ)」と固形状の「サプリメントタイプ」の2種類に分けられます。ドリンクタイプは行為の直前(30分~60分前)に服用するものが多いです。中には味の濃い媚薬もありますので、そういった場合にはコーヒーやココア等の濃い飲み物に混ぜると良いでしょう。そのためドリンクタイプの媚薬は、記載されている量より少し多めに使用した方が良いかも知れません。
一方のサプリメントタイプは、毎日服用を続ける事で効果が現れるものが多いのが特徴です。もちろん、極端な効果が発揮されるものもありますが、どちらかと言えばじわじわと効果が現れるタイプです。特にこちらのタイプでは、疲労回復の効果もあるものも多く、飲み続けて損する事は無いかと思います。レビトラ
・嗅ぐ(香水)タイプ
香水タイプの媚薬とは吹きかけるタイプのお手軽媚薬の事です。このタイプは単に媚薬効果だけにとどまらず、対人関係向上の効果が期待できる商品も幾つかあるのが特徴です。そして効果時間が比較的長く持続してくれるのも嬉しいところです。
ただ、他のタイプの媚薬よりも基本的に絶大な効果はあまり期待できないかも知れません。ですので、他のタイプとの併用する事をオススメします。